高等学校外国語科

 

 

高等学校外国語科 担当者からの情報
2020/03/13

高等学校外国語科(英語)新学習指導要領について

| by:学校経営支援課301

◎新学習指導要領(平成30年告示)高等学校 外国語科(英語) に関するお知らせ
 
 文部科学省のウェブサイトに,【外国語編 英語編】高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説及び付録について掲載されています。
 こちらからダウンロードできますのでご活用ください。
 

 →こちらをクリックしてください。
  【外国語編 英語編】高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説 (PDF:4.2MB)
   (付録8)「外国語活動・外国語の目標」の学校段階別一覧表 (PDF:737KB)
   (付録9)「外国語の言語材料」の学校段階別一覧表 (PDF:718KB)
   (付録10)「外国語活動・外国語の言語活動の例」学校段階別一覧表 (PDF:730KB)
   (付録11)高等学校「外国語の目標」の科目段階別一覧表 (PDF:743KB) 

   (付録12)高等学校「外国語の言語活動の例」の科目段階別一覧表 (PDF:750KB)



現行学習指導要領に関して、現在、本県で使用している学習指導案の様式及び書き方については こちらからダウンロードできます。
     英語 指導案 様式(H28改定 高等学校).jtd   
     英語 指導案 書き方(H28改定 高等学校).jtd
     

◎高等学校 外国語科(英語) に関する質問や教材に関する御相談に応じます。
 支援内容(例)

    ・外国語科(英語)の授業内容全般に関するアドバイス
 ・指導案の書き方  
  過去の指導案はカリキュラムサポートセンターで閲覧できます。
 



18:49
2020/03/12

英語教育セミナーin徳島2019

| by:学校経営支援課301
英語教育セミナーin徳島2019

 2013年から、より良い英語の授業づくりを目指し、毎年2学期の後半の土曜日に英語セミナーを実施しています。
本年度は小中高の教員を対象に、即興型英語ディベートについて研修をしました。

 11月30日(土) 場所:徳島県立総合教育センター

 「自分の考えや気持ちなどを伝え合うことから

               即興型英語ディベートまで

  講師:一般社団法人パーラメンタリーディベート人財育成協会 代表理事 中川 智皓 先生
                               推進委員長 大賀 隆次 先生

 ・即興でやり取りできる力の育成を目指し,小中高の教員が混合のグループになり、実際に即興型英語ディベートを体験しながら、指導内容について学びました。
  児童生徒の発信力の育成において,ディベートが効果的であることを共通理解することができ,大変有意義な研修となりました。
 


20:12
2020/03/12

令和元年度「生徒の発信力強化のための英語指導力向上事業」

| by:学校経営支援課301

令和元年度「生徒の発信力強化のための英語指導力向上事業」に係る研修協力校(池田高等学校)研修

第1回研修会 8月26日(月)公開研修 場所:池田高等学校

 本年度,生徒の発信力強化のための指導と評価の改善に係る授業及び研修等を進めるにあたり,小・中・高の連携モデルとして研修協力校(池田小学校,池田中学校,池田高等学校)を指定し,英語指導力向上を目指した研修を実施しております。
 研修当日は,講師として神奈川大学外国語学部 教授 久保野 雅史 先生にお越しいただき,「4技能を統合的に強化する日々の授業と評価について」と題して,講義・演習をしていただきました。
   より良い接続を目指して小中高の先生方が共に学ぶ、新しい研修の形となりました。



第4回研修会 12月2日(月)公開研究授業及び講演 場所:池田高等学校

・公開授業 第5限目(13:00~13:50)
    教科:コミュニケーション英語Ⅱ      授業者:辻岡 みどり 教諭
・授業研究会及び講演(14:05~15:50)

・講師:文教大学 国際学部 教授 阿野 幸一     
    「小中高の連携で伸ばす生徒の英語力~小学校・中学校・高等学校の役割を考える~」
   阿野先生からは、研究授業について、教科書の題材をもとに自分の意見や考えを伝え合い、内容の理解を深める良い授業であったと高い評価をいただきました。
   また、講義では、校種は違っても、小中高と同じ言語材料をつないで深めてくことが大切である、英語の学習段階に「切れ目」はない、とお教えくださり、
   小中高の教員が共に連携について学ぶ有意義な研修となりました。






19:21
2020/03/12

令和元年度外国語指導助手の指導力等向上研修

| by:学校経営支援課301

令和元年度のJETプログラムによる徳島県の外国語指導助手100名が、4日間の指導力等向上研修を行いました。

・第1日目 9月20日(金) 場所:徳島県立総合教育センター
 午前は、徳島県国際交よる徳島での生活全般についてのサポートや指導主事による学習指導要領や国の施策に関するレゼンテーション,AJET やTeamwork Tokushima 教材作成委員会からのレゼンテーション

    午後は、グループⅠ・Ⅱに分かれ研修
        グループⅠ:同日開催の小中教員及びALTの連携を目指した「つながろう!小中ALT コラボレーション研修」と一部兼ね、合同で授業案づくり,模擬授業発表及び討議を行いました。
      グループⅡ:
鳴門教育大学 准教授 スザーン 鎌田先生による「Using Native-Written Materials in Class」の講義
      最後は、小中教員とALTの全体で代表による模擬授業の発表を参観し、琉球大学教授 大城先生と四国大学准教授 マーク・フェネリー先生より助言をいただきました。



・第2日目 10月 4日(金) 場所:徳島県立総合教育センター
 午前は、 自治体国際化協会の講師による講義や授業研究
 午後は、グループⅠ・Ⅱに分かれ研修
     グループⅠ:徳島大学 講師 カイザー メイガン レネー先生による「Evaluating Student Output」の講義
     グループⅡ:同日開催の小中教員及びALTの連携を目指した「つながろう!小中ALT コラボレーション研修」と一部兼ね、合同で授業案づくり,模擬授業発表及び討議を行い

                                       文部科学省視学官 直山先生と四国大学准教授 マーク・フェネリー先生より助言をいただきました。




・第3日目 10月 25日(金) 場所:徳島北高校  今年度はALT100名が18グループに分かれてそれぞれに準備した授業プランにより,生徒たちとコミュニケーションゲームやプレゼンテーション、ディベートなどの授業を楽しみました。
                                                                                              また、ALTの多くがハロウィンの仮装をして集まり異文化に親しむ機会となりました。


・第4日目 1月 21日(火) 場所:徳島県立総合教育センター
 中学校・高等学校の英語科教員70名も出席し,午前中は順天堂大学 准教授 小泉 利恵先生による「Evaluating Student Performance」の基調講演、午後は中高のALT2名によるプレゼンテーション,
 その後は、それぞれの校種で、JTEとALTの小グループに分かれて「Effective Team-teaching」についてグループディスカッション及び全体発表を行いました。JTEとALTのどちらからも互いの考えがわかり理解が深まったと好評でした。

 






 



16:37
2020/03/11

令和元年度「指導力のブラッシュアップ!中高英語発信力育成研修」

| by:学校経営支援課301

 
 外部専門機関等と連携し,学習指導要領において重視されている,生徒の発信力を育成するためのより良い言語活動に関する新講座を開催しました。
また、開校式は中高教員合同で行い中高連携の機会を設けました。各講座受講後は,校内研修会において受講内容の伝達及び授業改善への取組について検討を行っていただきました。



第1回 令和元年7月22日(月)
 内容:「ディベートなどの演習を取り入れた発信力の育成」についての講義と演習 
 講師: 高校 立教大学 松本 茂 教授
     中学 四国大学 マーク・フェネリー 准教授

第2回 令和元年12月26日(木)
  内容:「パフォーマンステストと評価方法」についての講義と演習
  講師: 高校 順天堂大学 小泉 利恵 准教授
      中学 岐阜大学 巽 徹 教授

・受講者の感想
 第1回
  ・ディベートは難しいと考えていたが,要約やパラフレーズからスタートすることにより,段階的に力をつけることができるとわかった。
  ・非常にわかりやすく,どのレベルの生徒にも応用できる実践例を提示してもらえた。早速,夏の中学生体験入学や補習授業等から実践したい。
  ・日本語を介さずに英文エッセイを生徒に理解させる効果的な方法がわかった。
  ・ディベート演習は緊張したが,様々な意見を聞くことができた。実践することにより,生徒の立場になって考えることができ指導のイメージがつかめた。

 第2回
  ・ルーブリックの設定については、目標やタスクを反映させること、正確さを問うのではなく内容がどの程度伝わったかを重視することが大切だとわかった。
  ・実際のパフォーマンステストの映像をもとに,ルーブリックを用いた評価の模擬演習を行うことができ、パフォーマンステストを運営するための準備につながった。
  ・テスト結果の返却の仕方やScore Reportなど,より良いフィードバックの重要性を学んだ。
  ・測りたい力や指導内容との一致等により、タスク形式(発表型、やり取り型 [ ペア型・グループ型、面接型 ] など)から、効果的なものを考えることが必要であるとわかった。
       ・「逆向き設計」:身に付けさせたい力 > 評価計画 > 授業計画 をもとに校内で話し合い、効果的なパフォーマンステストの準備をしたい。
09:22
2019/12/20

令和元年度 カリキュラム・カフェ(土曜セミナー)

| by:学校経営支援課301
令和元年度 カリキュラム・カフェ(土曜セミナー)
 日程と内容
      ・10月12日「Let's Communicate !」-児童生徒の発信力強化のために効果的な言語活動のポイントを意識しながら,小中高でともに学んでいきましょう。-
      ・10月26日「子供が生き生き授業改善」-小中高の先生方が一緒になって英語が好きな児童生徒を育てるための効果的な指導方法について学んでいきましょう。-(台風により中止となりました。) 
      ・11月9日「やってみよう!言語活動~Small Talkを通して~」-言語活動を通して即興的なアウトプットの力を育成する方法について一緒に学んでいきましょう。-

 全校種の受講者を対象とし小中高の教員がともに学び合う機会を設けました。
講師を小中高の3名の英語教育推進リーダーにお願いし、各校種の先進的な指導方法を異校種の教員が学べるように工夫しました。
セミナーには各回10名を超える参加がありました。講義の後は連携についての情報交換やディスカッションを行いました。


17:31
2019/03/01

平成30年度の活動

| by:学校経営支援課301

平成30年度の活動
 外部専門機関と連携した英語指導力向上事業 研修協力校研修】
  平成30年度研修協力校(高等学校):徳島県立鳴門高等学校 
 〇公開研修 平成30年8月24日
  講師:東京外国語大学教授 根岸 雅史先生
      「4技能入試の幕開けーどうするスピーキングの指導と評価ー」
  県内各地域より多くの先生方が集まってくださり、高大接続の課題である4技能入試について専門的に研究されている
   根岸先生から、豊富なデータと共にわかりやすく教えていただきました。

                                       
   
 〇公開研究授業及び授業研究会 平成30年10月30日
    研究授業は、鳴門高等学校の山口真依子先生がコミュニケーション英語Ⅰの授業をしてくださり、
   関西外国語大学教授 伊東 治己先生により指導助言をしていただきました。
   鳴門高等学校が、これまで鳴門市小中高連携外国語教育研究会に参加し連携してきた経験を生かして授業改善に
       取り組み、公開研究授業において県内へ普及していただきました。

【英語中核教員研修A

 英語担当教員の 授業力・英語力向上を図るため,平成29年度より2年間実施している研修講座2年目

 受講者  小学校:250名  中高 : 各郡市や各校から推薦された80名の英語担当教員

 講座概要

      ・研修日程 小:7/27  8/1-20 12/28   中高:7/26  8/10  8/21

      ・中高の第1日目は 中高連携の機会として、 広島県立教育センター副所長 平木  裕 先生による講義を合同で受講し,
    その後はそれぞれの校種に分かれ、英語教育推進リーダーによる伝達講習を実施しました。

      中核となる英語担当教員の授業力・英語力向上を図るとともに、新学習指導要領の理念及び移行期間の留意点等
        についての理解を促進し普及を図りました。   

     ・事後課題は、事後課題Ⅰとして校内研修報告書を、 事後課題 Ⅱとして研究授業報告書及び学習指導案の提出を
        していただき、研修内容を各校の先生方へ普及してもらいました。

      

 

 【英語中核教員研修B】
  中高英語担当教員の英語資格取得を目指し、TOEIC公式問題集を活用した講義・演習を実施し、
  県費によるe-ラーニング登録による自学環境整備と併せて自己研修プログラムの作成支援等のサポートを行いました。
  平成29年度より2年間実施している研修講座の最終年です。    
                               

 【英語教育セミナーin徳島2018 平成30年12月1日

  「4技能のバランスのとれた児童生徒の育成 ~小中高 学びの一体化を目指して~」
  セミナー①「評価から振り返る授業と指導」 講師:琉球大学准教授  深澤 真 先生

        ②「英語教育改革を踏まえたパフォーマンステスト」 講師 (株)ベネッセコーポレーション

     小中高の教員が一緒に受講し、タブレット等を活用した4技能の評価の仕方(特にスピーキング力の判定)について研修しました。

   

 

  【外国語指導助手の指導力等向上研修】

  JETプログラムで県内に配置されている全ALT95名が受講し、中学校・高等学校の日本人の英語担当教員(JTE69名が
    1日間参加しました。
  ○4日間の研修を実施し、県内外の大学教授等を招いたり現地研修を行ったりして、外国語指導助手としての心構えや
    実践に役立つノウハウを提供しました(9/28、 10/26、 1/22-23)。
   ○講師

       岐阜大学教授 巽 徹 先生   鳴門教育大学准教授 ジェラード・マーシェソ 先生  四国大学准教授 マーク・フェネリー 先生

  研修概要

   ・4日間の研修のうち1日間は徳島北高等学校で現地研修を行い、第1回目の研修(9/28)で作成した授業案をもとに授業を
   実施し、スキルの向上を図りました(10/26)。
       また、残り3日間は講義やワークショップを実施し、そのうち1日間はJTEとの合同研修で講義の中にJTEとのペア・ワークを
   取り入れる等、連携について学ぶとともに、JTEの英語力向上の場としました(1/23)

     ・複数年の勤務経験があるALTによる実践発表を行い、JTEとのティーム・ティーチングのノウハウを共有しました(1/23)

   ・高等学校での現地研修のために、代表メンバーが集まり研修事前打合会を開催し、指導案と教材作成を行いました(10/10)。

   ・教材開発委員会を開催し、メンバーのALTが自作教材を持ち寄り、教材冊子「Teamwork Tokushima」を編集し
    研修で配布しました(6/22、 1/18)。

                     

              
  【カリキュラム・カフェ(土曜セミナー)】 
 全校種対象に実施
 テーマ : 「小中高を通じた英語教育改革」~GOAL2020達成を目指して~  平成30年6月9日
        英語教育推進リーダーとして中央研修に参加した小学校の先生による、スピーキング活動の効果的な最新の指導法を
        体験しました。 小学校の新学習指導要領を踏まえた、小中高の連携や接続方法について一緒に考えました。
      



17:27
2018/03/01

平成29年度の活動

| by:学校経営支援課301

平成29年度の活動
  【外部専門機関と連携した英語指導力向上事業 研修協力校研修
  平成29度の高等学校の協力校を徳島県立富岡東高等学校にお願いしました。
  「生徒の発話量・活動量を増やし、4技能を統合的に伸ばすための授業改善」をテーマに研修に取り組みました。
 

    ○公開研修7/31
     県内各地域から30名ほどの先生方が参加してくださり、講師の岐阜大学教授 巽 徹先生が
      「アクティブ・ラーニングを位置付けた英語科の授業作り」について講義をしてくださいました。

    

    ○公開研究授業及び授業研究会(11/13

      研究授業は富岡東高等学校の田中 侑二先生がコミュニケーション英語Ⅰの授業をしてくださり、
    関西外国語大学教授 伊東 治己先生により指導助言をしていただきました。
    中高の滑らかな接続についての研究を進めるとともに,4技能を統合的に伸ばすための望ましいAll Englishによる
    授業の在り方を探る有意義な研究会となりました。

    
 
  【英語中核教員研修A

 ○過去9年間の「小中高英語教育連携講座」「小中高英語教育実践講座」「小中高英語パワーアップ講座」の成果を引き継ぎ, 
     授業力・英語力向上という課題解決を図るため,平成29年度より2年間実施する研修講座です。

 ○受講者  小学校:254名  中高:各郡市や各校から推薦された80名の英語担当教員

 ○講座概要

      ・研修日程 小:7/26  8/2-22 12/28   中高:8/1  8/10  8/21

      ・中高の第1日目は 中高連携の機会として、 文部科学省視学官による講義を合同で受講し、 その後はそれぞれの校種に分かれ、
    英語教育推進リーダーによる伝達講習を実施しました。
    カスケード方式により中核となる英語担当教員の授業力・英語力向上を図りました。

      ・事後課題Ⅰとして校内研修報告書を、 事後課題 Ⅱとして研究授業報告書及び学習指導案の提出をしていただき、
        研修内容を各校の先生方へ普及してもらいました。

                           

   
 【英語中核教員研修

  中高英語担当教員の英語資格取得を目指し、TOEIC公式問題集を活用した講義・演習を実施し、
  県費によるe-ラーニング登録による自学環境整備と併せて自己研修プログラムの作成支援等のサポートを行いました。


 【英語教育セミナーin徳島2017】 平成29年12月2日

  「インクルーシブ教育の視点から英語教育を考える ~文字指導における支援~」
  セミナー概要 : ・小学校英語教育推進リーダーによる伝達講習「初期段階の読み書き1・2」

              ・講師による講義・演習「英語教育における特別支援の視点からの支援」

    講 師 : 神戸山手短期大学准教授 村上 加代子 先生
 
       今年度は全校種を対象とし希望者を募ったが、年末の休日(土曜日)の午後にも関わらず、
   定員50名のところ49名の申し込みがありました。
        今後も先生方からニーズの多いこのような課題に取り組む機会を設けていきたいと思います。

                                                                                                     

   【外国語指導助手の指導力等向上研修】

   JETプログラムで県内に配置されている全ALT85名が受講し、中学校・高等学校の日本人の英語担当教員(JTE69名が
   1日間参加しました。
   ○4日間の研修を実施し、県内外の大学教授等を招いたり現地研修を行ったりして、外国語指導助手としての心構えや
   実践に役立つノウハウを提供しました(9/29、 10/30、 1/23-24)。

   ○講師

       広島大学教授 築道 和明 先生   奈良教育大学講師 ピーター・ファーガソン 先生  文教大学准教授 スティーブ 福田先生 
   研修概要

   ・4日間の研修とし、うち1日間は徳島北高等学校で現地研修を行い、第1回目の研修(9/29)で作成した授業案をもとに
   授業を実施し、スキルの向上を図りました(10/30)。
       また、残り3日間は講義やワークショップを実施し、そのうち1日間はJTEとの合同研修で講義の中にJTEとのペア・ワークを
   取り入れる等、連携について学ぶとともに、JTEの英語力向上の場としました(1/24)

   ・複数年の勤務経験があるALTの実践発表を行い、JTEとのティーム・ティーチングのノウハウを共有しました(1/23)

   ・高等学校での現地研修のために、研修事前打合会を開催し、代表メンバーが指導案と教材作成を行いました(10/11)。

   ・教材開発委員会を開催し、メンバーのALTが自作教材を持ち寄り、教材冊子「Teamwork Tokushima」を編集し研修で
   配布しました(6/23、1/15)。


        

  
  【授業改善のための土曜セミナー】 
   平成29年7月8日
    「CAN-DOリスト」を活用して「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」指導方法へ!」 をテーマに、言語を用いて何ができるようになるか、
    授業と評価の一体化について勉強しました。




12:16
2017/01/20

小中高英語パワーアップ講座 第4日目(中学校・高等学校)

| by:学校経営支援課301
12月27日(火)に,中学校・高等学校英語科教員対象にした研修を行いました。
 
 午前中は,高等学校教諭と中学校教諭による,英語教育推進リーダー中央研修の伝達講習を実施しました。

 午後は,筑波大学 教授 卯城 祐司先生による講義「英語で英語を読む授業:目指していること、いないこと」がありました。 

 受講者からは「授業の中で自分も生徒もモチベーションが下がりがちなReadingについて,多くの知見を得ることができた。生徒のレベルに応じて,どんどん取り入れたい。」「生徒どうしで楽しみながら長文読解ができるReadingの授業を目指し,参考にしたい。」「ある程度の緊張感,学ぶことの楽しさを伴った研修だった。生徒にもこのような授業を提供していきたい。」といった感想が寄せられました。
10:48
2016/11/03

平成28年度外国語指導助手の指導力等向上研修

| by:学校経営支援課301
・第4日目

 平成28年度外国語指導助手の指導力等向上研修第4日目を,1月24日(火)に徳島県立総合教育センターにおいて行いました。この日のALTのみ対象の研修でしたが、午前中は高知工科大学 教授 Paul Daniels先生による「Living, learning and working in Japan」の講義がありました。午後は15名程度のグループに分かれ、2年以上の経験を持つALTが運営するワークショップを開催し、ティームティーチングに役立つ活動やICT教材の開発などについて、活発に意見を交換しました。





・第3日目

 平成28年度外国語指導助手の指導力等向上研修第3日目を,1月23日(月)に徳島県立総合教育センターにおいて行いました。中学校・高等学校の英語科教員も出席し,午前中は上智大学 教授 和泉 伸一先生による「Focus on Form Approach to English Teaching in Japan」の基調講演がありました。午後はALTがプレゼンテーションを行い,その後小グループに分かれて「Effective Team-teaching」についてのグループ協議を進めました。




・第2日目

 平成28年度外国語指導助手の指導力等向上研修第2日目を,10月28日(金)に,徳島北高校において行いました。ハロウィンの仮装をした県内ALT75名が,英語での活動を通して,生徒たちとコミュニケーションを楽しみました。


09:10
2016/10/03

平成28年度外国語指導助手の指導力等向上研修

| by:学校経営支援課301
・第1日目

平成28年度外国語指導助手の指導力等向上研修第1日目を,9月30日(金)に,徳島県立総合教育センターにおいて行いました。午前中は,松山大学人文学部准教授ブルース・ランダー先生による「JET Pedagogy: Current and Future Trends of Teaching English in Japan」の講義がありました。午後は,「平成27年度日本人若手英語教員米国派遣事業」参加者による実践報告と,指導主事による徳島県英語教育改善プランに関するプレゼンテーションの後,効果的な授業計画のグループ協議を行い,最後に10月の研修での授業実践についてのアイデアを出し合いました


15:56
2016/08/11

小中高英語パワーアップ講座 第3日目(中学校・高等学校)

| by:学校経営支援課301

 8月8日(月)に,中学校・高等学校英語科教員対象にした研修を行いました。
 
 午前は,4会場に分かれ、高等学校教諭2名と中学校教諭2名による英語教育推進リーダー中央研修の伝達講習を実施しました。

 午後は,奈良教育大学講師 ピーター・ファーガソン 先生を講師としてお招きしました。ピーター先生は「授業でめざすものとその指導法」をテーマに,All Englishで,演習を交えながら講義をしてくださいました。


 

 
 
受講者からは「使用される言語の機能が,人間関係や状況によって変わることを知れば,表現の幅が広がることに改めて気づかされた。」「教えられるのではなく,自分で答えを見つけにいくことができる,まさにアクティブ・ラーニングを実践した研修だった。」といった感想が寄せられました。


13:46
2016/08/11

小中高英語パワーアップ講座 第2日目(高等学校)

| by:学校経営支援課301

 8月4日(木)に,広島大学 樫葉みつ子 准教授と,東京外国語大学 根岸 雅史 教授を講師にお招きして,研修を行いました。

 樫葉みつ子先生は「高等学校英語科における効果的指導法」をテーマに,高校英語教育が抱えている課題、話すことの指導の改善方法、教科書の活用の仕方,教室英語を用いる際の留意点などについて,演習を交えながら講義をしてくださいました。




 

 受講者からは「具体的な指導例,グループワークを行うときに注意すべきことなど,実際に現場ですぐに生かせるスキルを学ぶことができた。」「発問の提示の仕方に課題を持っていたので大変勉強になった。発問から発信することについて意識していきたい。」といった感想が寄せられました。

 根岸 雅史 先生は「CAN-DOリストの活用」をテーマに,CAN-DOリスト作成時のポイント,これから改訂する際の留意点,各校英語科担当教員全員で取り組むことの意義などについて,演習を交えながら講義をしてくださいました。




  

 受講者からは「CAN-DOリストを達成するために,各単元目標をどうプランニングすればいいのかがよくわかった。またどういうテスティング方法で評価すればいいのか,その実情はどうなっているのかについてもよくわかった。」「授業に活用できる指導例やその理論がとてもわかりやすく,実際に自分たちも生徒の立場で実践できてとても理解が進んだ。」といった感想が寄せられました。


13:42
2016/08/11

小中高英語パワーアップ講座 第1日目(全体研修)

| by:学校経営支援課301

 7月27日(水)に文部科学省初等中等教育局教育課程課 平木 裕 教科調査官を講師にお招きして,第1日目(全体研修)を行いました。



 平木 裕 先生は「外国語教育を取り巻く現状と課題 Part3 ~授業改善に求められる視点~」をテーマに,英語教育を取り巻く大きなうねりやこれまでの外国語活動・英語教育の成果と課題,今後の英語教育に関する国の動向や校種間連携の在り方等について講義をしてくださいました。
 午後からは,昨年度国の「英語教育推進リーダー中央研修」に参加した小学校・中学校・高等学校の先生方より,中央研修の内容と,本講座内でこれから行われる伝達講習の概要や目的について,参加者へ説明がありました。
 また、平成27年度「日本人若手教員米国派遣事業」に参加された中学校・高等学校の先生方からも、研修内容の報告がありました。
 その後,小学校教員と中学校・高等学校英語科担当教員による小・中・高合同グループ別協議が行われました。
 最後の質疑応答の時間には,校種間連携に取り組む際の課題や外国語活動と英語教育の接続の問題などについて,受講者から出された質問に平木先生が答えてくださいました。





  受講者からは「異校種の先生方と実態について話し合うことができて有意義だった。」「小学校での外国語活動の成果が中・高で出ていると聞き,嬉しく感じた。」「普段は見えないギャップが見えて,大変興味深かった。」といった感想が寄せられました。



13:10
2016/06/20

初任研スキルアップ研修Ⅰを行いました。

| by:学校経営支援課301
初任者を対象とした授業スキルアップ研修Ⅰを,5月17日(火),6月1日(水),6月15日(水)の3日間に渡り徳島県立総合教育センターで行いました。
 
初日は,所属校での教育活動の様子や現在の課題などについて英語でディスカッションをしました。その後,指導案の書き方のポイントについての講義を行い,それを受けて実際の指導案作成に進みました。

2日目は,初日に作成した指導案をもとに所属校で行った授業のDVDを視聴し合いました。授業改善のための気づきにつながるよう、よかったところ・改善すべきところとその方法について話し合いを重ねました。

3日目は,2日目の研修で用いた指導案や授業内容について指導主事からアドバイスがありました。その後,実際に作成した定期考査をもとにした評価についてのディスカッションや,先進的な評価の取組についての講義,文部科学省作成のDVDの視聴などを行い,授業と評価の一体化に関する留意事項や,生徒の発話量の増やし方などについて意見を交換しました。

この3日間で行った様々なことを,スキルアップ研修Ⅱ(所属校での研究授業)に生かしていってほしいと思います。


08:40
2016/03/22

高等学校 外国語科(英語) 教職員支援

| by:学校経営支援課301

| by:学校経営支援課

高等学校 外国語科(英語) に関する質問や教材に関する御相談に応じます。

支援内容(例)

    ・外国語科(英語)の授業内容全般に関するアドバイス
 ・指導案の書き方
           指導案の様式を改定しました。
   こちらからダウンロードできます。
     英語 指導案 書き方(H28改定 高等学校).jtd
     英語 指導案 様式(H28改定 高等学校).jtd
   過去の指導案はカリキュラムサポートセンターで閲覧できます。
 ・教材や参考資料の貸し出し
           ※「外部専門機関と連携した英語指導力向上事業」で購入した図書を貸りることができます。  
     H26-H28 購入図書全リスト(中・高).pdf
     

  
リンク先

 ・高等学校学習指導要領解説 外国語編 英語編  平成21年12月 文部科学省

 ・「評価規準の作成、評価方法等の工夫改善のための参考資料(高等学校 外国語)」  平成24年3月 国立教育政策研究所 教育課程研究センター

 ・各中・高等学校の外国語教育における「CAN-DOリスト」の形での学習到達目標設定のための手引き  平成25年3月 文部科学省初等中等教育局

 ・言語活動の充実に関する指導事例集 ~思考力,判断力,表現力等の育成に向けて~【高等学校版】  平成24年6月 文部科学省

 ・国際共通語としての英語力向上のための5つの提言と具体的施策  平成23年6月30日 外国語能力の向上に関する検討会




08:56
2016/03/01

平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修

| by:学校経営支援課301

平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修を行いました。


・第1日目

 平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修第1日目を,9月25日(金)に,徳島県立総合教育センターにおいて行いました。高知大学人文学部教授ダレン・リングリィ先生による「The Praxis of Intercultural Communication and Language Teaching on JET」の講義,指導主事による学習指導要領や国の施策に関するプレゼンテーション,及び「Constructing teaching materials for the Japanese classroom」についてのグループ協議を行いました。

1日目11日目2  


 


・第2日目

 平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修第2日目を,10月30日(金)に,徳島北高校において行いました。ハロウィンの仮装をした県内ALT76名が,英語での活動を通して,生徒たちとコミュニケーションを楽しみました。

2日目12日目2  



・第3日目

 平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修第3日目を,1月25日(月)に徳島県立総合教育センターにおいて行いました。中学校・高等学校の英語科教員も出席し,午前中は神戸市外国語大学教授 野村 和宏先生による「Conducting English Classes with Confidence and Presense as a Professional English Teacher」の基調講演がありました。午後はALTがプレゼンテーションを行い,その後小グループに分かれて「Effective Team-teaching」についてのグループ協議を進めました。





・第4日目

 平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修第4日目を,1月26日(火)に徳島県立総合教育センターにおいて行いました。この日のALTのみ対象の研修でしたが、午前中は鳴門教育大学 教授 小野 由美子先生による「Intercultural Experiences of Japanese Teacher Volunteers in Developing Countries: Three Case Studies」の講義がありました。午後は15名程度のグループに分かれ、2年以上の経験を持つALTが運営するワークショップを開催し、ティームティーチングに役立つ活動やICT教材の開発などについて、活発に意見を交換しました。


09:11
2016/02/03

平成27年度小中高英語パワーアップ講座

| by:担当者

平成27年度小中高英語パワーアップ講座の様子です。


【 全体研修】

全体研修1全体研修2  

 7月24日(金)に文部科学省初等中等教育局教育課程課 平木 裕 教科調査官を講師にお招きして,全体研修を行いました。平木 裕 先生は「外国語教育を取り巻く現状と課題 Part2 ~授業改善に求められる視点~」をテーマに,英語教育を取り巻く大きなうねりやこれまでの外国語活動・英語教育の成果と課題,今後の英語教育に関する国の動向や校種間連携の在り方等について講義をしてくださいました。
 午後からは,昨年度国の「英語教育推進リーダー中央研修」に参加した中学校教員2名,高等学校教員1名の先生方より,中央研修の内容と,本講座内でこれから行われる伝達講習の概要や目的について,参加者へ説明がありました。
 その後,小学校教員と中学校・高等学校英語科担当教員による小・中・高合同グループ別協議が行われました。
 最後の質疑応答の時間には,校種間連携に取り組む際の課題や教材の扱い方についてなど,受講者から出された質問に平木先生が詳しく答えてくださいました。
全体研修3全体研修4  
 
   受講者からは「小・中・高それぞれの目標が段階的な発展をイメージしていることについて,改めて考る機会となった。」「現行教育課程のもと,できていることと課題と考えられることについてデータを示して説明していただけたのがよかった。」「年間指導計画やCAN-DOリストと授業との関連づけ,評価についてよくわかった。」「小→中→高の連携の大切さとともに,中学校の果たす役割の大きさについて改めて感じた。」といった感想が寄せられました。
 

【校種別研修(高等学校)】

 7月31日(金)に,東京外国語大学 根岸 雅史 教授と,広島大学 樫葉みつ子 准教授を講師にお招きして,研修を行いました。

 根岸 雅史 先生は「CAN-DOリストの活用」をテーマに,CAN-DOリスト作成時のポイント,これから改訂する際の留意点,各校英語科担当教員全員で取り組むことの意義などについて,演習を交えながら講義をしてくださいました。
根岸先生 高 ①根岸先生 高 ②  

 受講者からは「CAN-DOリスト作成と活用にあたってのヒントをたくさん得ることができた。」「CAN-DOリストに向かっての学習活動が求められると再認識できた。」「英語の能力をどうとらえるかについて,もう一度考え直す時期に来ていると感じた。」といった感想が寄せられました。

 樫葉みつ子先生は「高等学校英語科における効果的指導法」をテーマに,教科書の活用の仕方,帯活動を行う際の留意点,自律的学習者の育て方などについて,演習を交えながら講義をしてくださいました。
樫葉先生 高 ①樫葉先生 高 ②  

 受講者からは「生徒の状況・状態を考慮しながらの指導法が大変参考になった。」「勤務校でいかに有機的に機能させるかを検討する土台ができた。」「情熱的なレクチャーだった。自分の授業のあり方について考えていこうと思った。」「スピーキングテストも,時間や教員数を考えると大変ですが,できる限り取り組んでいきたい。」といった感想が寄せられました。


【校種別研修(中・高等学校)】
 
 8月6日(木)に,中学校・高等学校英語科教員対象にした研修を行いました。
 
 午前中は,高等学校教諭1名と中学校教諭2名による,英語教育推進リーダー中央研修の伝達講習を実施しました。

 午後は,灘中学校・高等学校 ピーター・ファーガソン 教諭を講師にお招きしました。ピーター先生は「授業でめざすものとその指導法」をテーマに,All in Englishで,演習を交えながら講義をしてくださいました。
ピーター先生 ①ピーター先生 ②  
 
 受講者からは「いろいろな活動を,ペアだけでなくグループへと広げたり,ちょっとした工夫で効果が上がることがわかったので実践していきたい。」「話し手の人間関係をベースにした発話を生徒たちに教え,使えるようにしたいと思います。」「会話を続ける手段について教える必要があると実感した。」といった感想が寄せられました。



 1月5日(火)に,中学校・高等学校英語科教員対象にした研修を行いました。
 
 午前中は,高等学校教諭と中学校教諭による,英語教育推進リーダー中央研修の伝達講習を実施しました。

 午後は,筑波大学 教授 卯城 祐司先生による講義「英語で英語を読む授業:目指していること、いないこと」がありました。

 

 受講者からは「最近の英語教育を取り巻く現状や今後向かう方向がよく理解できた。」「生徒に応じた教材作りの重要性を感じた。自分のハンドアウトを見直したい。」「4回の研修で,毎回中央研修の内容を知ったり,最新の英語教育の情報について知識を深めたりすることができ,普段の授業を見直すきっかけをいただいた。」といった感想が寄せられました。



14:51

 

高等学校外国語科 支援
2016/02/02

平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修

| by:担当者

平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修を行いました。


・第1日目

 平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修第1日目を,9月25日(金)に,徳島県立総合教育センターにおいて行いました。高知大学人文学部教授ダレン・リングリィ先生による「The Praxis of Intercultural Communication and Language Teaching on JET」の講義,指導主事による学習指導要領や国の施策に関するプレゼンテーション,及び「Constructing teaching materials for the Japanese classroom」についてのグループ協議を行いました。

1日目11日目2  


 


・第2日目

 平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修第2日目を,10月30日(金)に,徳島北高校において行いました。ハロウィンの仮装をした県内ALT76名が,英語での活動を通して,生徒たちとコミュニケーションを楽しみました。

2日目12日目2  



・第3日目

 平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修第3日目を,1月25日(月)に徳島県立総合教育センターにおいて行いました。中学校・高等学校の英語科教員も出席し,午前中は神戸市外国語大学教授 野村 和宏先生による「Conducting English Classes with Confidence and Presense as a Professional English Teacher」の基調講演がありました。午後はALTがプレゼンテーションを行い,その後小グループに分かれて「Effective Team-teaching」についてのグループ協議を進めました。





・第4日目

 平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修第4日目を,1月26日(火)に徳島県立総合教育センターにおいて行いました。この日のALTのみ対象の研修でしたが、午前中は鳴門教育大学 教授 小野 由美子先生による「Intercultural Experiences of Japanese Teacher Volunteers in Developing Countries: Three Case Studies」の講義がありました。午後は15名程度のグループに分かれ、2年以上の経験を持つALTが運営するワークショップを開催し、ティームティーチングに役立つ活動やICT教材の開発などについて、活発に意見を交換しました。





14:02
2016/01/21

英語教育セミナー in 徳島 2015

| by:担当者
      

12月19日(土)に,徳島県立総合教育センターにおいて,昨年度に引き続き第3回目となる「英語教育セミナー in 徳島 2015」を開催しました。
  

 小学校部会 「小学校英語教育の動きと授業力向上」                                                                 
   講師:信州大学 教授 酒井 英樹 先生

 中学校部会 「『自律した学習者』が育つために私たちができること
         ~小学校と高校をつなぐ架け橋として~」                                                                
   講師:札幌市立北野台中学校  鎌田 洋子 先生 
 高等学校部会  「コミュニケーション能力を高める英語の授業」
   講師:お茶の水女子大学附属高等学校  津久井 貴之 先生   
 
 全体基調講演 「これからの英語教育の方向性と大学入試改革」
   講師:上智大学 教授 吉田 研作 先生

各部会にて、授業構成のコツ・楽しくてためになる言語活動などについて講師の方からアドバイスいただいた後、全体基調講演で国の動向や大学入試改革について最新の情報を得ることができ、有意義な研修となりました。



 


13:20
2015/12/25

平成27年度の活動

| by:学校経営支援課

平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修を行いました。


・第1日目

 平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修第1日目を,9月25日(金)に,徳島県立総合教育センターにおいて行いました。高知大学人文学部教授ダレン・リングリィ先生による「The Praxis of Intercultural Communication and Language Teaching on JET」の講義,指導主事による学習指導要領や国の施策に関するプレゼンテーション,及び「Constructing teaching materials for the Japanese classroom」についてのグループ協議を行いました。

1日目11日目2  




・第2日目
 
 平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修第2日目を,10月30日(金)に,徳島北高校において行いました。ハロウィンの仮装をした県内ALT76名が,英語での活動を通して,生徒たちとコミュニケーションを楽しみました。

2日目12日目2  



・第3日目

 平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修第3日目を,1月25日(月)に徳島県立総合教育センターにおいて行いました。中学校・高等学校の英語科教員も出席し,午前中は神戸市外国語大学教授 野村 和宏先生による「Conducting English Classes with Confidence and Presense as a Professional English Teacher」の基調講演がありました。午後はALTがプレゼンテーションを行い,その後小グループに分かれて「Effective Team-teaching」についてのグループ協議を進めました。





・第4日目

 平成27年度外国語指導助手の指導力等向上研修第4日目を,1月26日(火)に徳島県立総合教育センターにおいて行いました。この日のALTのみ対象の研修でしたが、午前中は鳴門教育大学 教授 小野 由美子先生による「Intercultural Experiences of Japanese Teacher Volunteers in Developing Countries: Three Case Studies」の講義がありました。午後は15名程度のグループに分かれ、2年以上の経験を持つALTが運営するワークショップを開催し、ティームティーチングに役立つ活動やICT教材の開発などについて、活発に意見を交換しました。





 平成27年度小中高英語パワーアップ講座の様子です。

【全体研修】


      全体研修1全体研修2  
       
       7月24日(金)に文部科学省初等中等教育局教育課程課 平木 裕 教科調査官を講師にお招きして,全体研修を行いました。平木 裕 先生は「外国語教育を取り巻く現状と課題 Part2 ~授業改善に求められる視点~」をテーマに,英語教育を取り巻く大きなうねりやこれまでの外国語活動・英語教育の成果と課題,今後の英語教育に関する国の動向や校種間連携の在り方等について講義をしてくださいました。
       午後からは,昨年度国の「英語教育推進リーダー中央研修」に参加した中学校教員2名,高等学校教員1名の先生方より,中央研修の内容と,本講座内でこれから行われる伝達講習の概要や目的について,参加者へ説明がありました。
       その後,小学校教員と中学校・高等学校英語科担当教員による小・中・高合同グループ別協議が行われました。
       最後の質疑応答の時間には,校種間連携に取り組む際の課題や教材の扱い方についてなど,受講者から出された質問に平木先生が詳しく答えてくださいました。
      全体研修3全体研修4  

       受講者からは「小・中・高それぞれの目標が段階的な発展をイメージしていることについて,改めて考る機会となった。」「現行教育課程のもと,できていることと課題と考えられることについてデータを示して説明していただけたのがよかった。」「年間指導計画やCAN-DOリストと授業との関連づけ,評価についてよくわかった。」「小→中→高の連携の大切さとともに,中学校の果たす役割の大きさについて改めて感じた。」といった感想が寄せられました。
       

【校種別研修(高等学校)】 
 7月31日(金)に,東京外国語大学 根岸 雅史 教授と,広島大学 樫葉みつ子 准教授を講師にお招きして,研修を行いました。

 根岸 雅史 先生は「CAN-DOリストの活用」をテーマに,CAN-DOリスト作成時のポイント,これから改訂する際の留意点,各校英語科担当教員全員で取り組むことの意義などについて,演習を交えながら講義をしてくださいました。

根岸先生 高 ①根岸先生 高 ②  
 受講者からは「CAN-DOリスト作成と活用にあたってのヒントをたくさん得ることができた。」「CAN-DOリストに向かっての学習活動が求められると再認識できた。」「英語の能力をどうとらえるかについて,もう一度考え直す時期に来ていると感じた。」といった感想が寄せられました。

 樫葉みつ子先生は「高等学校英語科における効果的指導法」をテーマに,教科書の活用の仕方,帯活動を行う際の留意点,自律的学習者の育て方などについて,演習を交えながら講義をしてくださいました。
樫葉先生 高 ①樫葉先生 高 ②  
 受講者からは「生徒の状況・状態を考慮しながらの指導法が大変参考になった。」「勤務校でいかに有機的に機能させるかを検討する土台ができた。」「情熱的なレクチャーだった。自分の授業のあり方について考えていこうと思った。」「スピーキングテストも,時間や教員数を考えると大変ですが,できる限り取り組んでいきたい。」といった感想が寄せられました。


【校種別研修(中・高等学校)】
 8月6日(木)に,中学校・高等学校英語科教員対象にした研修を行いました。

 午前中は,高等学校教諭1名と中学校教諭2名による,英語教育推進リーダー中央研修の伝達講習を実施しました。

 午後は,灘中学校・高等学校 ピーター・ファーガソン 教諭を講師にお招きしました。ピーター先生は「授業でめざすものとその指導法」をテーマに,All in Englishで,演習を交えながら講義をしてくださいました。

ピーター先生 ①ピーター先生 ②  
 受講者からは「いろいろな活動を,ペアだけでなくグループへと広げたり,ちょっとした工夫で効果が上がることがわかったので実践していきたい。」「話し手の人間関係をベースにした発話を生徒たちに教え,使えるようにしたいと思います。」「会話を続ける手段について教える必要があると実感した。」といった感想が寄せられました。



1月5日(火)に,中学校・高等学校英語科教員対象にした研修を行いました。

 午前中は,高等学校教諭と中学校教諭による,英語教育推進リーダー中央研修の伝達講習を実施しました。

 午後は,筑波大学 教授 卯城 祐司先生による講義「英語で英語を読む授業:目指していること、いないこと」がありました。

 

 受講者からは「最近の英語教育を取り巻く現状や今後向かう方向がよく理解できた。」「生徒に応じた教材作りの重要性を感じた。自分のハンドアウトを見直したい。」「4回の研修で,毎回中央研修の内容を知ったり,最新の英語教育の情報について知識を深めたりすることができ,普段の授業を見直すきっかけをいただいた。」といった感想が寄せられました。

         
      


英語教育セミナー in 徳島 2015を開催しました。

 12月19日(土)に,徳島県立総合教育センターにおいて,昨年度に引き続き第3回目となる「英語教育セミナー in 徳島 2015」を開催しました。
  

 小学校部会 「小学校英語教育の動きと授業力向上」                                                                 
   講師:信州大学 教授 酒井 英樹 先生

 中学校部会 「『自律した学習者』が育つために私たちができること
         ~小学校と高校をつなぐ架け橋として~」                                                                
   講師:札幌市立北野台中学校  鎌田 洋子 先生 
 高等学校部会  「コミュニケーション能力を高める英語の授業」
   講師:お茶の水女子大学附属高等学校  津久井 貴之 先生   
 
 全体基調講演 「これからの英語教育の方向性と大学入試改革」
   講師:上智大学 教授 吉田 研作 先生

各部会にて、授業構成のコツ・楽しくてためになる言語活動などについて講師の方からアドバイスいただいた後、全体基調講演で国の動向や大学入試改革について最新の情報を得ることができ、有意義な研修となりました。



 

授業力向上研修

 平成27年度授業力向上研修を,4月30日(木)に徳島県立総合教育センターで行いました。
 
 教職2年目の先生方4名を対象に,全体会の後の各教科に分かれての分科会では,まず昨年度の活動の成果と今後の課題についてディスカッションしました。その後,研究授業の進め方の再確認のセッションや,「リーディングの指導について-『再構築+目的化で,すぐできる授業改善』」というタイトルでの講義及びワークショップを行い,目的・指導・評価をより緊密に一体化させた授業への意識を高めました。最後には,各校での研究授業に向けての具体的な課題を設定し,授業力向上に向けて1年のスタートを切りました。



授業スキルアップ研修Ⅰ 

 初任者を対象とした授業スキルアップ研修Ⅰを,5月19日(火),6月3日(水),6月16日(火)の3日間にわたり徳島県立総合教育センターで行いました。

 初日は,所属校での仕事の様子や現在の課題などについて英語でディスカッションを行い,指導案の書き方のポイントについて講義を受けた後,研究授業の実施に向けての指導案の作成にとりかかりました。
 2日目は,初日に作成した指導案をもとに模擬授業を行い,よかったところ・改善すべきところとその方法について話し合いました。
 3日目は,まず最初に2日目の模擬授業と指導案に関するフィードバックを行いました。その後,実際に作成した定期考査をお互いに交換し,それをもとに話し合いの時間を持ちました。優れた定期考査の例も参考にしながら,指導と評価の一体化や,生徒の力を正しく評価するための留意事項などについて意見を交換しました。
 この3日間で行った様々なことを,スキルアップ研修Ⅱ(所属校での研究授業)に生かしていってほしいと思います。 

スキルアップ研修1スキルアップ研修2  



16:30
2015/12/25

(平成26年度の活動)

| by:学校経営支援課
  • 英語教育セミナー in 徳島2014を開催しました。
    • 英語教育セミナー1英語教育セミナー2  
    • 英語教育セミナー in 徳島2014の様子です。

    •  12月13日(土)に,徳島県立総合教育センターにおいて,昨年度に引き続き第2回目となる「英語教育セミナー in 徳島2014」を開催しました。師走の土曜日の午後にも関わらず,大勢の方々が参加してくださいました。
       中学校部会では,東京家政大学 太田 洋 教授を講師にお迎えし,「読解力を育成するための授業づくり」というタイトルでご講義いただき,高等学校部会では,岐阜県立東濃実業高等学校 亀谷みゆき 教諭を講師にお迎えし,「教室から世界へ-学習指導要領に基づいた授業の創造-」というタイトルで実践発表いただきました。その後の全体会では,東京家政大学 太田 洋 教授から「中高の連携を踏まえた授業づくり」というタイトルでの基調講演を拝聴しました。その後,質疑応答の時間には,参加者から出された質問に対し,講師の先生方が丁寧に答えてくださいました。
      英語教育セミナー3英語教育セミナー4  

  • 平成26年度外国語指導助手の指導力等向上研修を行いました。

    • 第1日目

    •  平成26年度外国語指導助手の指導力等向上研修第1日目を,9月26日(金)に,徳島県立総合教育センターにおいて行いました。福岡大学外国語講師アーロン・ハーン先生による「JET Programme Success」の講義,鳴門教育大学附属中学校教諭による「The Report on JUSTE Program」のプレゼンテーション,及び「Constructing teaching materials for the Japanese classroom」についてのグループ協議を行いました。
      1日目11日目2  
    • 第2日目

    •  平成26年度外国語指導助手の指導力等向上研修第2日目を,10月31日(金)に,徳島北高校において行いました。ハロウィンの仮装をした県内ALT78名が,英語での活動を通して,生徒たちとコミュニケーションを楽しみました。
      2日目12日目2  
    • 第3日目

    •  平成26年度外国語指導助手の指導力等向上研修第3日目を,1月27日(火)に徳島県立総合教育センターにおいて行いました。中学校・高等学校の英語科教員も出席し,午前中は鳴門教育大学教授 伊東 治己先生による「Five Essential Roles of ALTs」の基調講演がありました。午後はALT二人がプレゼンテーションを行い,その後中学校・高等学校の部会に分かれて「Effective Team-teaching」についてのグループ協議を進めました。
      3日目13日目23日目33日目4
    • 第4日目

    •  平成26年度外国語指導助手の指導力等向上研修第4日目を,1月28日(水)に徳島県立総合教育センターにおいて行いました。午前中は,神戸大学海事科学研究科准教授 Matthew Rooks先生による「Learning How to Learn: Fostering Autonomy in English Education」の講義と,担当指導主事からの日本の教育制度に関するプレゼンテーションがありました。午後からは,78名が5グループに分かれてのワークショップⅡ・Ⅲの時間で,有志のALTが授業のアイデアやALTとしての役割等のテーマで発表し,活発に話し合いが行われました。
      4日目14日目24日目34日目4
       参加者からは,「日本人教員の考えていることがよくわかった」「授業ですぐに使えるアイデアが得られた」「研修を通じてALT間のつながりが強まった」等の感想が得られました。受講者の皆さんが,今後研修で得られたことを生かし,よりよい授業・学校生活につなげていくことを望んでいます。

  • 平成26年度小中高英語パワーアップ講座を開催しました。

    • 全体研修
    • 全体会1全体会2  
      7月25日(金)に文部科学省初等中等教育局教育課程課 平木 裕 教科調査官を講師にお招きして,全体研修を行いました。平木 裕 先生は「外国語活動・英語教育を取り巻く現状と課題」をテーマに,英語教育を取り巻く大きなうねりやこれまでの外国語活動・英語教育の成果と課題,今後の英語教育に関する国の動向や校種間連携の在り方等について講義をしてくださいました。
      また,「第3回日本人若手英語教員米国派遣事業」の海外研修報告では,平成25年度に半年間アメリカで受けた研修をもとに,派遣事業の概要,アメリカの大学での研修や実地教育,帰国後の取組等について詳しく報告が行われました。
      さらに,今年度から始まった国の「英語教育推進リーダー中央研修」の伝達講習の後,小学校教員と中学校・高等学校英語科担当教員による小・中・高合同グループ別協議を行いました。その後,質疑応答の時間には,校内研修や小・中連携の仕方など,受講者から出された質問に平木先生が詳しく答えてくださいました。
      全体会3全体会4  
      受講者からは「現在の英語教育改革の全体的なことについて知ることができた。」「日頃,指導案を書く時に悩むことや疑問に思うことが,わかりやすく説明していただいたので理解できた。」「年間指導計画との関連づけ,評価についてよくわかった。」「小→中→高の連携の大切さとともに,中学校の果たす役割の大きさについて改めて感じた。」といった感想が寄せられました。

    • 校種別研修(高等学校)

    • 8月5日(火)に,広島大学 樫葉みつ子 准教授と,東京外国語大学 根岸 雅史 教授を講師にお招きして,研修を行いました。
      樫葉みつ子先生は「高等学校英語科における効果的指導法」をテーマに,教科書の活用の仕方,帯活動を行う際の留意点,自律的学習者の育て方などについて,演習を交えながら講義をしてくださいました。
      受講者からは「ペア活動を効果的に使い,授業を活性化したい。」「生徒が学ぶ意義を見出せるような授業を考えていきたい。」「生徒を育てるという気持ちを強く持たなければと改めて思った。」「豊富な経験と理論に基づいた授業のノウハウを教えていただき,大変参考になった。」といった感想が寄せられました。
      高等学校1高等学校2  
      根岸 雅史 先生は「CAN-DOリストの活用」をテーマに,CAN-DOリスト作成時のポイント,これから改訂する際の留意点,各校英語科担当教員全員で取り組むことの意義などについて,演習を交えながら講義をしてくださいました。受講者からは「CAN-DOリスト作成にあたって悩んでいたことが解決できた。」「まずは1つの技能の評価に対して真剣に向き合い,生徒の実態に合ったリストにしていきたい。」「自立した生徒を育てるために,目標や活動内容をもう一度考えていきたい。」といった感想が寄せられました。
      高等学校3高等学校4  

    • 校種別研修(中・高等学校)

    • 8月20日(水)に,灘中学校・高等学校 ピーター・ファーガソン 教諭を講師にお招きして,研修を行いました。
      ピーター先生は「授業でめざすものとその指導法」「英語教育における中・高のつながり」をテーマに,All in Englishで,演習を交えながら講義をしてくださいました。
      中・高1中・高2  
      受講者からは「教えていただいた技を早速試してみたい。」「場面や人間関係で変わる表現について,改めて考えることができた。」「スキット作りが楽しく,異校種の先生方とも交流できて良かった。」といった感想が寄せられました。

    • 校種別研修(中・高等学校)

    • 1月5日(月)に徳島県教育会館において,筑波大学 卯城 祐司 教授を講師にお招きして,第4回目の研修を行いました。午前中は,英語教育推進リーダー中央研修の伝達講習を実施し,高等学校教諭1名と中学校教諭2名の推進リーダーより,中央研修で学んだことの一端が紹介されました。
      また,午後は卯城先生から「英語で英語を読む授業:目指していること,いないこと」をテーマに,生徒に「初出」のものを読む機会を与えることの重要性やインフォメーション・トランスファー活動の大切さなどについてご講演いただきました。その後,質疑応答の時間には,授業と定期考査等の評価のつながりや多読に期待できること,retellingの有効性など,受講者から出された質問に卯城先生が丁寧に詳しく答えてくださいました。
      第4回 1第4回 2  

  •   初任者を対象とした授業スキルアップ研修Ⅰを,5月20日(火),6月4日(水),6月17日(火)の3日間に渡り徳島県立総合教育センターで行いました。
     初日は,所属校での仕事の様子や現在の課題などについて英語でディスカッションを行い,指導案の書き方のポイントについて講義を受けた後,研究授業の実施に向けての指導案の作成にとりかかりました。
     2日目は,初日に作成した指導案をもとに模擬授業を行い,よかったところ・改善すべきところとその方法について話し合いました。行われた模擬授業の一部分を取り上げ,修正を加えたマイクロティーチングも実施しました。
     3日目は,実際に作成した定期考査をもとに評価についてのディスカッションを行いました。生徒の力を正しく評価するための留意事項や工夫についても意見を交換しました。その後,CAN-DOリスト作成についての講義や,DVDを用いた授業研修,クラスルームイングリッシュのバリエーションを増やす試みなどを行いました。
     この3日間で行った様々なことを,スキルアップ研修Ⅱ(所属校での研究授業)に生かしていってほしいと思います。
    スキルアップ研修1スキルアップ研修2  

  •  平成26年度授業力向上研修を,5月13日(火)に徳島県立総合教育センターで行いました。
     教職2年目の教諭2名が参加した分科会では,昨年度の活動の振り返り,今年度の課題などをすべて英語でディスカッションしました。その後,指導案の書き方についての再確認のセッションや,CAN-DOリスト作成についての講義を行い,目的・指導・評価をより緊密に一体化させた授業への意識を高めました。最後には,各校での研究授業に向けて各自指導案作成と教材研究を行い,新しいスキルへの挑戦に向けて一年のスタートを切りました。
    授業力向上研修1授業力向上研修2  

16:29
2015/12/25

(平成25年度の活動)

| by:学校経営支援課
  •  平成25年11月27日(水)に,教職五年次研修の教科等指導研修を,1名を対象に実施しました。
     最初は,参加者のこれまでの教員生活を振り返りながら,学校生活の様子,日頃感じている問題やその解決方法などに加え,自分自身の英語力の維持向上方法など,様々なことをディスカッションしました。
     その後,学習指導要領・評価基準の作成,評価方法等の工夫改善のための参考資料・can-do リストなど,初任研後に導入された施策や取組について講義があり,目標や評価にこれまで以上に焦点を当てた新たな指導案の書き方について確認をしました。
     5年という短い間ですが,様々な施策が導入され,英語教育はめまぐるしく変わっていっています。研修を通して,現在の取組の目的や方向性を確認し,自分の日々の授業を振り返ってまとめることは,大変意義のあることだと思います。指導主事と一対一という大変中身のある研修の成果を,学校で生かしていってほしいと思います。
    教科等指導研修

  •  11月9日(土),当センターのカリセン研修室にて,高校英語の土曜セミナーを開催したところ,9名の先生方が参加されました。大学入試対策とコミュニケーション力養成の両立をテーマに,学習指導要領や各施策の確認に始まり,10年前と現在の大学入試問題の比較の後,生徒に身につけさせたい力とその指導法についてのディスカッションを行いました。
    土曜セミナー1土曜セミナー2土曜セミナー3         


  •  8月19日・21日・22日の日程で,当センターにて小中高英語教育実践講座を開催し,
    10校12名の先生方が参加されました。
    初日の午前中のみ中学校と合同で,後は高等学校教員だけの少人数で行われました。
     8月19日 日本人若手英語教員米国派遣事業参加者報告
            講義「英語教育における中高のつながり」
                 文部科学省初等中等教育局教育課程課・国際教育課
                        教科調査官 平木 裕 先生
            講義・演習「生徒の英語力を高める授業の進め方Ⅰ」
                 鳴門教育大学教授    伊東 治巳 先生
     8月21日 講義・演習 「生徒の英語力を高める授業の進め方Ⅱ・Ⅲ」
                 鳴門教育大学教授    伊東 治巳 先生
     8月22日 講義・演習 「今求められている授業づくりⅠ・Ⅱ」
                 神奈川大学准教授    久保野 雅史 先生
     それぞれが所属高で行った研究授業のビデオを見ながらのディスカッションや,グループでのマイクロティーチング,音読活動を表現力につなげるための活動など,ペアワークやグループワークでの実践演習に重点を置き,主体的に受講者が活動するたいへん中身の濃い3日間となりました。
     研修はこれで終わりではなく,所属高に帰って他の教員に伝達し,授業や生徒の学習への変化をまとめて提出する事前課題が残っています。研修で学んだことを所属高でしっかり生かしてくれることを希望しています。
    実践講座1実践講座2実践講座3実践講座4  

  •  7月29日・8月2日実施のUNIT 1に5名,8月6日・8月16日実施のUNIT 2に4名の先生方がそれぞれ参加して,10年経験者研修が行われました。
     一日目は,授業を行うに当たっての心構えや研究授業実施・学習指導案作成上の注意についての講義の後,模擬授業を行う単元を決めて,指導案や教材作りに取り掛かりました。
     二日目は、一日目のプランを用いてそれぞれ15分程度の模擬授業を行いました。授業の中でよかったところや改善を要するところを受講者同士話し合い,その後主事からの指導助言がありました。
     10年の経験に基づいた自分の授業を客観的に見つめたり,他の受講者の意見に気づかされたりと,貴重な授業研修の機会となりました。
    10年研110年研2  

  •  平成25年6月28日(金),総合教育センターにて,池田高校の探究科1年生の課題研究「世界に売り込めスポーツ飲料」を行いました。
     まず,理科の研修として,班別にオリジナルのスポーツ飲料作りに挑戦しました。その後英語の研修として,同じく班別に自分たちが作ったスポーツ飲料の英語でのコマーシャル作成に取りかかりました。モデルとなるコマーシャルの聞き取りや,効果的なコマーシャルに必要な要素について学習した後,英語でのポスター・説明文・寸劇仕立てのコマーシャル作りを行いました。最後は成果を全体発表し,オリジナル飲料の試飲と合わせて出来栄えを評価しあいました。
     理科と英語学習のコラボレーションという,生徒にとっては初めての課題でしたが,生徒は楽しみながら学習に取り組んでいました。
    池田高課題研究1池田高課題研究2  

  •  5月21日,6月5日,6月18日の3日間に渡り,初任者を対象とした授業スキルアップ研修Ⅰが行われました。
     初日は,指導主事による全般的な講義の後,学習指導要領・「国際共通語としての英語力向上のための5つの提言と具体的施策」等について改めて学習し,研究授業の実施に向けての指導案の作成にとりかかりました。
     2日目は,初日に作成した指導案をもとに模擬授業を行い,よかったところ・改善すべきところとその方法について話し合いました。その後,意見を取り入れて修正を加えたマイクロティーチングを実施しました。
     3日目は,観点別評価の在り方について改めて学習した後,実際に作成した定期考査をもとに検討会を行いました。また,県内各校の取組をもとに,生徒の力を正しく評価するための留意事項や工夫についても意見を交換しました。
     このたびの高等学校外国語の研修は,指導主事と初任者計3人で3日の間ずっと英語教育と向き合うという,充実した内容でした。参加者が,この研修の成果を勤務校での日々の実践に生かし,楽しく実りある英語の授業を展開することを期待しています。
    スキルアップ研修1スキルアップ研修2  

  •  平成25年度授業力向上研修が,5月14日(火)に徳島県立総合教育センターで行われました。教職2年目の先生方4名を対象に,全体会の後の分科会では,自己紹介,昨年度の活動の振り返り,今年度の課題などをすべて英語でディスカッションしました。その後,全国での先行事例の指導案やワークシートをもとに,自分の学校や生徒の特性に合わせて授業を組み立てるアイデアについて話し合いました。最後には,各校での研究授業に向けて各自指導案作成と教材研究を行い,新しいスキルへの挑戦に向けて一年のスタートを切りました。
            

16:28

支援スタッフ 
学校経営支援課 堀部 通子 (088-672-6418)
 

 

教職員研修

教育情報ネットワーク

カウンタ

COUNTER1807630